業務案内
HOME > 業務案内 > 店舗新築・リフォーム

店舗新築・リフォーム

  • 集客のための店舗デザイン

    集客のための店舗デザイン

    どんなに魅力的な商品やサービスを扱っていたとしても、実際にその商品やサービスを体験してもらわないことには、お客様にその良さは伝わりません。
    お客様にまずは店に入っていただくことが、第一の課題となります。来店前のお客様にとって、まずは店の見た目が入店する際の判断材料になります。

    リペースプラスでは、集客を促進するための店舗デザインをご提供いたします。

  • 明確なコンセプトを持ってお店のメインを設計することが重要です。

    明確なコンセプトを持ってお店のメインを設計することが重要です。

    業種や建物の構造によってお店のメイン部分は異なりますが、多くの場合、お客様が一番初めに目にする部分が、その店のメインになりえるということです。

    お客様が最初に見る部分、またお客様から最も目につきやすい部分は、そこの段階でお客様にどの程度の情報を得ていただきたいのか、また、どのような印象を与えたいのか、といったコンセプトを明確にして設計することが重要です。

  • 効率的なだけが能じゃない。地域の特性や景観への配慮も重要。

    よくお店には、一見して必ずしも必要ではない植栽やエクステリアやインテリアがあります。
    なくてもお店の運営には影響がないように見えますが、実は大切な役割を担っている場合も多いです。

  • 効率的なだけが能じゃない。地域の特性や景観への配慮も重要。

    例えば、外から見た時に看板しかないお店と、エクステリアや植木が置かれていて雰囲気のあるお店では、どちらの方が入りやすいでしょうか?

    一般的な回答で言えば、後者が圧倒的に多いと思います。
    また、小売店ではお店の規模にもよりますが、商品数をただ多くすればいいという訳ではありません。
    お客様が日常的に何度も通うことになるスーパーなどは、立地やお客様の経験によって魅力やユーザビリティは補われますが、これはスーパーだからこその条件です。

  • 一般小売店が多く取り揃えることに固執してしまうと、情報過多になりがちで、潜在的に購入意欲のあったお客様を逃してしまいがちです。
    各商品たちが持つターゲットを見据えて、売れ筋・イチオシ・サブという風にレイアウトでメリハリをつけて、店内を見て回りやすい空気や導線を作ることが最も重要なのです。

    そういった部分で、エクステリアや店内の遊び部分というのは、お店の空気を作る上で非常に有効な手段だと言えます。

  • 店舗の新築・リフォーム、業種問わずご相談ください。

    店舗の新築・リフォーム、
    業種問わずご相談ください。

    お店で取り扱っている商品や表現したい雰囲気と、実際の店舗の雰囲気は一致していますか?
    良いお店はターゲットの選定と明確なコンセプトから生まれます。どうぞお気軽にご相談ください。