業務案内
HOME > 業務案内 > 介護リフォーム

住宅リフォーム

  • 助成制度を利用した介護リフォーム(住宅改修)のご案内高齢者住宅改修費用助成制度

    助成制度を利用した介護リフォーム(住宅改修)のご案内
    高齢者住宅改修費用助成制度

    住宅のリフォームに助成制度が使えることをご存知でしょうか?例えば、要支援・要介護の認定を受けている方がご家族の中にいらっしゃる場合、ご自宅に手すり設置やバリアフリー化などの住宅改修を行う際に、実際にかかる住宅改修費の9割相当額が支給されるという助成制度があります。

  • 支給額

    最大支給額:支給限度基準額 20万円の9割 18万円
    (要支援、要介護区分にかかわらず定額)

    ひとり生涯20万円までの支給限度基準額ですが、要介護状態区分が重くなったとき
    (3段階上昇時、また、転居)した場合は再度20万円までの支給限度基準額が設定されます。

  • 助成となる住宅改修の種類

    ・手すりの取付け
    ・段差の解消(※)
    ・滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更(※)
    ・引き戸等への扉の取替え
    ・洋式便器等への取替え
    ・その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
    (※)玄関から道路までの屋外での工事も支給が可能。

介護リフォーム

まず当社にご連絡いただき、お客様が希望されるリフォームとご予算をお伝えください。
現地調査にお伺いし、お見積もりをお出しします。お見積もりは無料です。
お見積もりの金額にご納得いただけましたら、ケアマネージャー様と申請の手続きについて打ち合わせを行います。
  • 申請に必要な書類

    ・支給申請書
    ・住宅改修が必要な理由書
    ・工事費見積もり書
    ・住宅改修後の完成予定の状態がわかるもの(写真又は簡単な図を用いたもの)

リペースプラスへ依頼するメリット

  • リフォームにかかる費用を立て替える必要はありません!

    当社は、介護保険住宅改修受領委任払い取扱登録事業者です。
    高齢者住宅改修費用助成制度を利用して住宅の改修を行った場合、通常の流れであれば、費用はお客様が一旦全額立て替えた上で、後日お客様が申請を行うことで、市町村からお客様へ助成分の金額が入金されます。高額医療費請求の流れと同様なので、経験がある方は、思い浮かべていただければ分かりやすいかと思います。

    しかし、リフォームを行う事業者が「介護保険住宅改修受領委任払い取扱登録事業者」であれば、事業者が市町村から直接助成金を受け取ることができるため、お客様は自費分のみを支払えばいいのです。
    つまり、高額な費用を立て替えなくても済むということです。

    当社は、介護保険住宅改修受領委任払い取扱登録事業者です。